愛されメイク術|東京・横浜・名古屋でのお見合い写真はロイヤルカイラフォトスタジオ

撮影のお申込み お問い合わせ
【電話受付時間】11:00~18:00

ロイヤルカイラフォトスタジオトップページ > お見合い写真のコツ(女性向け) > 愛されメイク術

お見合い写真のコツ

お見合い写真のコツ(女性向け)

愛されメイク術

婚活やお見合いを成功させるためには
写真を見ていかに「会いたい」と思わせるかが
重要なポイントです!

お見合い写真撮影の当日、写真写りを気にしていつもよりもメイク時間が長くなってしまいませんか?お見合い写真に限らず「ここぞ!」と気合が入るイベント事では、メイク時間は自然と長くなってしまいがち。ですが、お化粧が濃すぎると年齢が上に見られがちになってしまい、お見合い写真からの印象アップにつながりません。
今回は婚活女性必見!写真映えのする、愛されメイク術を顔のパーツ別にご紹介いたします。

顔全体

顔全体
▼使用するメイク道具

基礎化粧品・リキッドファンデーション・ファンデーション・ハイライト用パウダー・茶色のアイシャドウ・ブラシ

【1】まずは自然な血色の良いプルプル肌を作るために洗顔後に顔全体を優しくおさえながら化粧水を肌に入れ込み、乳液をつけます。

※イメージ的には手についた化粧水を肌全体に吸わせるような感じです。日頃から使用されている、基礎化粧品でもちろん構いません。

【2】自分の肌の色〜自分の肌より少し明るい色のリキッドファンデーションかBBクリームなどを顔全体に塗り、薄目にファンデーションやパウダーを塗ります。

※ここで重要な事はリキッドファンデーションやBBクリームを使用する事により肌が若々しく自然な印象を与えつつ、肌のコンプレックスを隠せるので写真映えしやすくなります。ここでファンデーションやパウダーを通常通りに塗ってしまうと、普通のメイクになってしまうので気をつけてくださいね。

【3】こめかみから目の下にかけてハイライトを軽めに4回ほど、鼻筋にも2回ほど塗ります。目と鼻の間にある眼鏡などがかかるくぼんだ部分から眉頭に向かって茶色のアイシャドウをごく薄く2回塗ります。

※茶色のアイシャドウは鼻筋に塗ったハイライトを際立たせて、目鼻立ちをくっきり見せる効果のためなので色味が見えないくらい少ない量にしてくださいね。

目元

目元
▼使用するメイク道具

ナチュラルカラーのアイシャドウ(ピンクやヌーディーベージュなど色が強く出ない程度のアイシャドウ)・アイライン・マスカラ(ウォータープルーフタイプ)

【1】アイシャドウをまぶたに塗り、まつ毛の際ギリギリの目頭から目尻に向かってアイラインを書きます。アイラインの長さは目尻から3ミリ通りすぎる位がちょうど写真映えする長さです。

※目が一重もしくは奥二重の方は細目にアイラインを、二重の方は2ミリ幅ほどのアイラインがおすすめです。

【2】上まつ毛はボリュームマスカラをつけて下まつ毛はご自身のまつ毛を整える程度、もしくはマスカラで整える程度つけます。

※付けまつげなどしなくも、十分に目元に愛らしさが出るので過剰なアイメイクは避けましょう。

口元

口元
▼使用するメイク道具

リップ・透明なリップグロス・パールピンクの口紅(化粧品メーカーの春の新色にあるような明るめのピンクの口紅ならOK)

【1】もともと唇に赤みのある方はリップグロスをつけるだけで大丈夫です。ですがほとんどの日本人が薄い色の唇なので、リップ、口紅の順番につけて少しだけ透明なリップグロスをのせます。

※少しぽってりした口元を演出するためにもできればリップグロスはあった方がいいですが、化粧品メーカーによってはグロスが入った口紅もあるので好みにあわせてご準備ください。

【2】口角を上げて笑って鏡を見てください。

※写真撮影をしている気持ちで鏡に向かって微笑みかければ、笑顔の練習になりますよ。

お見合い写真で男性が最初に目にしやすいパーツである【顔全体】【目元】【口元】に重点をおいて、愛されメイク術をご紹介いたしました。
この3つのメイクポイントを押さえれば写真写りを気にする事なく、運命の方に出会える最高のお見合い写真が出来上がります。お見合い写真だけでなく、ぜひお見合いの際にもお試しください!

撮影予約はこちらから page top

© EXEO JAPAN All Rights Reserved.