冬のボディケア・ヘアケア|東京・横浜・名古屋でのお見合い写真はロイヤルカイラフォトスタジオ

撮影のお申込み お問い合わせ
【電話受付時間】11:00~18:00

ロイヤルカイラフォトスタジオトップページ > お見合い写真のコツ(女性向け) > 冬のボディケア・ヘアケア

お見合い写真のコツ

お見合い写真のコツ(女性向け)

冬のボディケア・ヘアケア

婚活やお見合いを成功させるためには
写真を見ていかに「会いたい」と思わせるかが
重要なポイントです!

冬は乾燥が厳しくなる季節。
日頃から行っているフェイシャルスキンケアだけでなく、ボディケアもヘアケアもとても大切です。
肌や髪の調子はお見合い写真からも伝わってきますし、実際に会ったときに乾燥で傷んだ髪や肌だと、残念な印象を与えてしまうことにもなりかねません。
今回は婚活中の女性の皆様に、知っておいて損のない冬のボディケア&ヘアケア対策をお伝えいたします。

女性のボディケア

女性のボディケア

お見合い写真はバストアップの写真が多いうえ、冬場は露出が少ない季節。顔ならともかくとして、体は少しくらい肌がカサカサしていても良いなどと思っていませんか?
しかし、指や手、袖からちらりと見える腕などが荒れていると、意外と目についてしまうもの。
何より、カサカサの肌はかゆいし、女子力が半減していくような気がしますよね。
身だしなみの一環として、冬は念入りにボディケアを行いましょう。

・バスタイムの過ごし方
乾燥する冬場、身体を洗う時は垢すり用のタオルやアクリルタオルはNG。この季節は、石鹸を泡立て手で洗うだけで充分です。
寒いので熱いお風呂を好む方も多い季節ですが、急速に脂分を奪い、乾燥肌になってしまいます。
また、忙しいからとシャワーで済ませてしまう人もいますが、これも肌にはよくありません。
肌への刺激を考えると、ぬるま湯(38度~41度程度)に15~20分程の入浴がおすすめです。想像以上に汗をかいてしまうので、白湯で水分摂取を行ってください。

・お風呂から上がったら
お風呂からでると、温まった体から水分が蒸発しはじめ、乾燥してしまいます。そのため冬になると、お風呂上りの肌がかゆいと悩む女性が急増。
お風呂上りは、スピーディーに水分の蒸発を防がなければなりません。
クリームだけを塗る人が多いですが、それは大間違い。ボディケアもフェイシャルケアと同じで、化粧水で水分をプラスし、クリームやオイルなどの油分でふたをします。

・角質ケア
冬は新陳代謝が悪いため、角質が厚くなりがちです。
角質が厚いと、化粧水が肌の奥まで浸透しません。
そこで、ボディスクラブを使用し、定期的に古い角質を取り除きましょう。ただし、頻繁な角質ケアは肌トラブルの原因に。1~2週間に1度のケアで充分です。
肌への負担を考慮するなら、肌に優しいシュガースクラブがおすすめ。

【保湿ケアのポイント】

●デコルテ
デコルテのケアは忘れられがちですが、実は年齢が出やすい場所。保湿ケアだけでなく、エイジングケアも取り入れましょう。また、デコルテや首の裏側まで日焼け止めクリームで紫外線対策を忘れずに。

●肘・膝・かかと
手に比べて皮膚が厚い肘・膝・かかと。乾燥しやすいうえ、皮膚に負担がかかっている部分でもあります。角質が柔らかくなる入浴中に、ピーリングやスクラブで角質ケア。その後の保湿も忘れずに。

●手
お見合いの際、顔を見つめすぎるのが気まずくて、つい女性の手に視線がいってしまう男性は多いもの。ハンドクリームを塗る前に、化粧水で保湿してあげると良いでしょう。クリームは尿素などが含まれた高保湿のものが効果的。ハンドクリームを塗る際に爪の周りをマッサージすると、血行が良くなり血液循環にも良い効果が。

女性のヘアケア

女性のヘアケア

空気が乾燥する冬。エアコンの温風も受け、髪の毛は想像以上にダメージを受けています。
お見合い写真や実際に異性と会って婚活する際は、ツヤ感のあるサラサラヘアで臨みましょう。

【ヘアケアの方法】

●ヘアカット
髪の毛が乾燥すると、キューティクルがはがれてしまい、切れ毛や枝毛になってしまいます。ダメージを放置しておくと、傷んだ部分から髪の毛の水分がでていき、ダメージが悪化してしまうのです。
枝毛などに気が付いたら、美容室で毛先を切りそろえてもらいましょう。

●トリートメント
水分を髪の毛に閉じ込めておくためには、ヘアケアが大切です。
リンスやコンディショナー、トリートメントは、静電気を防止して、くし通りをよくして、髪のダメージをおさえてくれます。
冬場のトリートメントは、洗い流さないタイプのものがおすすめです。

●ヘアスタイリング
髪の毛をブラッシングする際、バチバチと静電気の音がすることがあるでしょう。静電気は抜け毛の原因になるため、ブラッシングをする際は、スプレーや霧吹きで軽く水分をつけたり、静電気防止ブラシを使ったりしてください。
ヘアクリームやヘアワックス、ヘアスプレーなどのスタイリング剤は、髪の毛にコーティングするので水分の蒸発を防いでくれます。しかし、着けすぎると髪の毛を洗う時に必要以上にシャンプーを使うことになり、余計に負担をかけてしまうことに。適量を使うように気を付けましょう。

撮影予約はこちらから page top

© EXEO JAPAN All Rights Reserved.